信楽狸
昔々、繁木(しげるき)と呼ばれた、うっそうと木々のおいしげった山深い窯の里に、鉄やんというたいそう腕のたつやきもの師がいたそうな。

さすが京のみやこ音羽の山にこもって、長い間やきものの修行を積んだだけあって近所でも評判の働き者で、鉄やんの造ったしろもんは、何でもよう売れたそうな。

なかでも鉄やんが作った置物は、つくりがようて虎や猿など動物からだるまさんや仏像まで何でも手早くさいくしてしまう。がんこな職人仲間もみんな「鉄やんの腕にはかなわん。まいった。まいった!」と近在でもたちまち有名になってしもうたそうな。

ある晩、それはまんまる月夜のことじゃった。いつものように、夜遅くまでしろもん作りに、せえをだしていた鉄やんが、仕事小屋にこうこうとさし込む月の光に誘われて外に出てみると、なんと狸の家族が集まって、酒盛りの真っ最中!月夜にうかれて腹づつみ!

「まっ赤な顔した父さん狸、
 大きなお腹をポンポコポン!
 母さん狸も、楽しくポン!
 子狸そろって、はしゃいでポン!
 みんなで仲良く、ポンポコポン!」

それを見ていた鉄やんは、ひょうきん狸に無我夢中!夜の更けるのも忘れて、いつまでも見とれていたそうな。時のたつのを忘れてしまった鉄やんが、何を思いついたのか、急いで仕事小屋にかけこんであごを手におき考えた。ながい試案のすえ、粘土をつみつみ得意のさいくで作り上げたのが、しがらき狸の始まりじゃそうな。

「あんの あんの いうたろか!」
 つげ笠かぶって おどけ顔
 おおきな お腹に 通い帳
 徳利さげて 福まねく
「あんの あんの いうたろか!」
 ふる里しがらきに あとにして
 きょうも他国に おこしいれ
 ぶーら ぶーらと 参ろうぜ

※信楽町観光協会「信楽自然再発見」より

信楽の物産トップに戻る

▲ページトップへ

試験・講習会案内経営情報会員企業HP信楽陶器まつり信楽の物産信楽のみどころ商工会リンクトップページお問い合せ