経営情報
JANコード

JANコードとは

多くの消費財に付けられているJANコード(Japanese Article Number)は、世界の約100か国で同一の規格で使用されている共通の規格になっており、このJANコードは国際的にはEANコードと呼ばれ、また米国やカナダで使用されているUPC(Universal Product Code)とも整合性のある規格です。

我が国の小売業界にはPOSシステムが普及し、単品管理の徹底、顧客管理の充実など小売業の経営管理の重要なツールとなっており、POSが普及した大きな要因の一つがJANコードの普及にあったといえます。

JANコードには13桁の標準タイプと8桁の短縮タイプがありますが現在、印刷、読取り技術が進んできたため、13桁の標準タイプが主流となっています。

JANコードはJANメーカコード、商品アイテムコード、それにチェックデジットに分かれ、このなかのJANメーカコードについては 財団法人流通システム開発センターへの登録が必要となっています。

このJANメーカーコードは、2001年1月以降、新規に登録した企業には原則的に9桁を付番しています。

このJANコードを使用するには「流通コードセンター」への登録が必要となります。
登録の受付は全国の商工会議所や商工会で行っています。



JANコードの体系
JANコード体系

  JANコードのお申し込みは、お気軽に信楽町商工会まで

→経営情報トップに戻る

▲ページトップへ

試験・講習会案内経営情報会員企業HP信楽陶器まつり信楽の物産信楽のみどころ商工会リンクトップページお問い合せ