信楽のみどころ
日運神社太鼓踊

日雲神社太鼓踊
この太鼓踊は、毎年9月4日牧地区にある日雲神社で行われており、元々は雨乞い行事に伴う踊だったと言われています。
踊は日没後、暗くなってから始まり音頭取の歌に合わせ太鼓をたたきながら踊り、13種類の踊を踊ります。現在では、地元の青年が中心となり伝統を引き継いでおり、昭和42年には県の無形選択民俗芸能に指定されています。

→目次に戻る

▲ページトップへ

試験・講習会案内経営情報会員企業HP信楽陶器まつり信楽の物産信楽のみどころ商工会リンクトップページお問い合せ